スタッフ紹介

HOME | スタッフ紹介

GREETING

ごあいさつ

サルワカ・フットウェア・カレッジ 学校長 

高野 浩司

 
目紛しく移り変わり進化していく現代においてもなお、数百年の間変わらず求め続けられる手製靴には機械製では成し得ない、人の心地よさや美しさを形にできる技巧が小さな一足の中に沢山詰め込まれています。
手製靴の製作過程の中で全ての工程のどの瞬間を切り取ってみても、その何れもが優美に映る独特の世界観を、興味を持たれた皆様に体感して頂きたく思っております。
 
モノ作りの面白さは常に新しい目標が生まれてくるところであり、例えば今の自分が想像できる100点満点の仕事に10年後に到達できたとしても、その頃には既に自分に満足できなくなっていて、もっと先をイメージできる能力が自然と身に付いていくところに醍醐味があります。
 
靴のパーツにはそれぞれに意味があり、また、人の足には同じものが一つとしてなく、一人の人間でも左右で形が違ってきます。
 偉大な先人が培った手製靴のさらなる進化を思い描くと同時に、1999年より山口千尋前校長が20数年かけて築き上げたサルワカ・フットウェア・カレッジへの意志を受け継ぎ、次の世代にも残すべきものと確信しております。
 

  • 1991年 ユニオンロイヤル入社
  • 1995年 フリーランスシューズデザイナー
  • 1996年 ギルド勤務
  • 2002年 サルワカ・フットウェア・カレッジ講師
  • 2006年 ギルド入社
  • 2017年 ギルド取締役就任
  • 2021年 サルワカ・フットウェア・カレッジ学校長就任
  • 2021年 カレッジ運営事業 Half note 設立
 
 
 
 
高野浩司 サルワカフットウェアカレッジ学校長

 

 

株式会社ギルド 代表取締役社長

山口 千尋
 

靴の研究により一層比重を置けるよう、高野浩司さんにカレッジを引き継いでいただくことに致しました。
学生の信頼も厚い高野学校長であれば、コロナで大きく変化を迎えた学校と学生の未来を切り開いてくれると信じております。
これからは一講師として、学生諸君と共に学べることを大変楽しみにしております。

  • 山口千尋のプロフィールはこちら
 
 
 
山口千尋 サルワカフットウェアカレッジ
 
 
 
山口千尋 ギルド
 株式会社ギルド 代表取締役社長

山口 千尋
 

靴の研究により一層比重を置けるよう、高野浩司さんにカレッジを引き継いでいただくことに致しました。
学生の信頼も厚い高野学校長であれば、コロナで大きく変化を迎えた学校と学生の未来を切り開いてくれると信じております。
これからは一講師として、学生諸君と共に学べることを大変楽しみにしております。

  • 山口千尋のプロフィールはこちら

 宮島明子

 

  • 1998年 エスペランサ靴学院卒業
  • 1998年 ギルド勤務 主にアッパー製作を担当
  • 2004年 サルワカ・フットウェア・カレッジ講師
  • 2006年 渡伊 Gablielle Gmeinerにてビスポーク靴製作
  • 2008年 渡独 Kirstin Hennemannにてアッパー製作
  • 2014年 サルワカ・フットウェア・カレッジ講師
  • 2015年 オーダーメイド靴製作及び他社ビスポークや整形靴のアッパー製作
  • 2016年 ミラノ見本市 MICAM にてJAPANブースで靴製作実演

 

 
 
  
宮嶋明子 サルワカフットウェアカレッジ